スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年9月に読んだ本

備忘録としてこの1ヶ月に読んだ本を記録しておきます。

新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣
シックスサマナ 第1号 海外移住促進月間
預金バカ
臆病者のための億万長者入門

以上、4冊。少なすぎてビックリしました。
理由(言い訳)を書くと、実は今ある分野の勉強をしているから。
こう書くと勉強ばかりしてるようだけど、その勉強もなかなか進まず
ダラダラしてたら全然読めなかった。

今月の1冊

預金バカ 賢い人は銀行預金をやめている (講談社+α新書)預金バカ 賢い人は銀行預金をやめている (講談社+α新書)
(2014/07/23)
中野 晴啓

商品詳細を見る


内容は「預金より投資の方がなんたらかんたら~」と「セゾン投信設立物語」。
書いてることはそれなりに納得できるんだけど、
投資に寄りすぎじゃないか?とも思いました。

私は預金にもメリットはあると思うし、
普通の人が著者のように極端に資産を投信に振り分ける必要はないと思う。
著者は10万円ほどの預金以外はすべて投信に突っ込んでるらしいけど、
普通の人には無茶でしょう。
もっともセゾン投信の社長が自社の投信+αに資産のほとんどを突っ込んでるのを、
自社の商品への自信の表れと取ることもできますが。

カゼヒコ@29歳

私事ですが、9月は私の誕生日です。
タイトルにあるように今年で29歳になりました。
そこで今回はこの1年を振り返ってみようと思います。

この1年で印象に残ったことといえば、以下の二つでしょうか。

・2回目の転職をしたこと
・投資スタイルの変更

2回目の転職に関しては、まさか再就職後1年も経たずに辞めるなんて思わなかった…
と当初は思っていたのですが、今振り返ると必然だった気がします。
前の職場は良い所もありましたが、悪い部分が自分には耐えられなかった。
なので遅かれ早かれ辞めることにはなっていたと思います。
今の職場も良い部分、悪い部分がありますが、
悪い部分は許容範囲だし、もうしばらくは続けることが出来そうです。

投資スタイルの変更については海外ETF+米国株という
1年前には考えられなかったスタイルになりました。
このスタイルになった理由は色々ありますが、
今はこのスタイルが自分にはベターだと思っています。

他にも色々ありましたが、(書けることで)印象に残ったといえばこの二つですね。
少なくとも去年に比べれば良い1年だったといえます。
欲を言えば趣味をもう少し充実させたかった。
去年と違って今年は自発的に趣味に対する割合を抑えた部分がありますが、
もう少し趣味の割合を増やしても良かったと思います。

さて、今までの1年はこのくらいにしてこれからの1年について。
実は将来やりたいことがあるのですが、
それに必要な勉強をする1年にしようと思う。
具体的なことは伏せますが、30までに基礎だけでも学びたいです。
何はともあれ、充実した1年になることを願っています。

人は50くらいまでしか働けない。

職場の今年60歳になる大先輩の言葉です。
コレはアレですね。
先人の教えに習って早期リタイアしろってことですかね。

冗談はさておき、その大先輩曰く
50歳を超えると体が動かなくなるらしい。
私は今年29歳になりますが、
すでに体の衰えは感じています…
コレで50歳とかになったら…

そんな状態で働くのは、働かなければいけないのは
どんな気持ちなのだろう?
私は体が動かない状態なのに働かなければいけないなんて嫌です。
そう考えるとやはり「早期リタイアしろ」という教えなのだろうか?

家計簿の反省(2014年8月分)

予算に対する支出の割合…大体95%
※この予算には医療費、車の維持費(ガソリン、車検など)は含みません。

支出額をメモする前に消してしまうという大失態を犯してしまいました。
なので「大体このくらい」という額に+αした数字にしときました。

元々8月は大きな支出が控えていたので、
予算内で終えれただけで十分です。
コレでしばらく大きな支出はないハズ。

予算の中に医療費と車の維持費を入れてないのは
「金はあるけど当初の予算をオーバーするから使わない」
という自体を避けるため。
もちろん問題があったときのみだけど、
ある程度例外を作っておいたほうが続けやすいと思います。

こういった考えだと、条件付で交際費も入るかも。
どうしても会いたい人と会えるチャンスを
「予算オーバーだから」
という理由では断りたくないので。
ある出来事に対して予算をオーバーしても、
貯金で対応できるなら検討はしようと思う。

早期リタイアの目処は?(2014年29歳)

早期リタイアの時期や目標資産額、そのための投資方法
についての現在の考えをまとめようと思います。
ちなみに前回この記事を書いたのは丁度1年前。

早期リタイアの目処は?(2013年28歳)

この1年で投資スタイルなど変わったところもあるので、
その辺を中心に書きたいと思います。

①リタイア時期

45歳での完全リタイアを目指します。
正確には働き出してから25年。つまり
2031年の3月いっぱいで仕事を辞めます。

②目標資産額

目標資産額は4000万円とします。
以前は3000万円で十分かな?と思っていたのですが、
現在は自分がリタイアするならこのくらいあったほうがいいと考えています。
その理由は今年の1月、私が無職だった頃にあります。
当時の記事がコチラ

無職のプレッシャー

コレがきっかけで「目標額はもう少し余裕を持ったほうがいいのでは?」
と考えるようになりました。
そのため目標額を4000万円にしましたが、
あくまで現状の目標額です。

③投資スタイル

投資スタイルは全世界株式と高配当株。
これに+αとしていくつかの資産を組み入れています。
資産配分は全世界株式+α:高配当株が半々くらいでOKとしています。
投資資金は毎月給料から5.3万円。コレに年2回ボーナスからひねり出します。
(ちなみにこの投資スタイルになったきっかけも無職だった頃にあります)

以上をまとめると現在の早期リタイアの目標は

「全世界株式+高配当株を買い続け、45歳までに4000万円貯めてリタイアする」

となります。
不確定要素を探したらキリがない穴だらけの計画ですが、
遥か未来のことを正確に予想するなんて出来ません。
現状で考えられる、自分がベストだと思う選択を取り続ければ
悪いことにはならないと考えています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。