FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産状況の推移(2014-7月)

すっかり忘れていましたが、このブログでは半年に一度
資産状況の推移を載せることにしてたんです。
というわけで、6月末時点での資産状況の推移がコチラです。

2010-06…1,065,284円 -32,210円
2010-12…1,569,984円 +49,252円
2011-06…2,217,962円 +53,349円
2011-12…2,336,369円 -170,397円
2012-06…3,082,879円 -70,958円
2012-12…4,141,782円 +552,558円
2013-06…5,357,332円 +1,029,140円
2013-12…6,786,323円 +1,627,092円
2014-06…8,046,399円

以前は損益も書いてましたが、
投資商品の乗換えで正確な金額が分からなくなったので、
2014年6月分から公開資産の推移のみにしたいと思います。
その公開資産も「どの部分まで公開するか?」をコロコロ変えたため
どこまで意味があるものか分かりませんが、
あくまで私の備忘録のため良しとします。

推移を見ると2010年6月から約7.5倍。
安全資産からの乗換えなどもありましたが、
良くここまで来たものです。

私自身働き出して貯金を始めたのが2006年4月。
本格的に投資を始めたのが2010年1月。
その間ずっと低所得者だったけど、資産形成は出来ています。
もちろんアベノミクス等による株価上昇の恩恵は受けましたが、
このくらいの資産を築くことは誰でも可能だと断言できます。
ただしそれには条件があって、

①まず節約すること。

収入-支出がプラスにならなければ話になりません。
生活を見直し、無駄をそぎ落とすのです。

②つぎに貯金すること。

月々の収支をプラスにしたら、それを貯金するんです。
いわゆる生活防衛資金を貯めることを勧めます。
生活防衛資金は「何かあったとき」のための資金です。
そのため投資をやる・やらないに関わらず、
誰もが持つべきものでしょう。
具体的な金額は人それぞれですが、
私は生活費の1年分を銀行預金で確保しています。

③最後に投資すること

投資をするのは生活防衛資金を確保してからで十分です。
中には「生活防衛資金を貯めながら投資をする」なんて人もいますが、
貯金も出来ない人が投資で資産形成なんてまず無理でしょう。
しっかりと生活防衛資金を確保し、それから投資しても遅くはありません。
(私の場合、貯金を始めてから投資に手を出すまで3年半以上あります)

それと投資する際は出来るだけシンプルでコストの低い
金融商品にすることをお勧めします。
具体的には低コストなインデックスファンドやETFです。
それ以外の投資を否定するつもりはありませんが、
一般人が資産形成をするならインデックスファンドやETFが
もっとも手間が掛からず続けやすいでしょう。

④そしてこれらを続けること。

何事も「継続は力なり」です。

以上の手順を踏めば、私ぐらいの資産を築くのは難しくないと思います。
資産形成への道のりは長いですが、継続さえ出来れば誰にでも可能です。
(私にも出来たくらいですから)
少なくとも今の私には断言できます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。