FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

優れた本の条件は様々あると思うが、
その一つに「タイトルがすべてを物語っている」
というのがあると考えています。
で、今年読んだ本で1番それを表しているのがコレ。

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?

この本の価値はタイトルが99%じゃないの?
ってくらい素晴らしいタイトルです。
なので本書の内容は横に置いといて、
このタイトルから感じたことを書いていきます。

世の中のお金に関する本にはいくつかパターンあります。
パッと思いついたのは以下の5つ。

①お金を「稼ぐ方法」を伝える本
②お金の「貯め方」を伝える本
③お金を「減らさない方法」を伝える本
④お金の「増やし方」を伝える本
⑤お金の「使い方」を考える本

このうち私は①~④に関する本は、結構読んでると思う。
それに合わせて意識もしてる。
でも「使い方」に関する本は、あまり読んでいない。
そんなこともあって、お金の使い方に関する意識が低いと思う。

私は資産形成をしているけど、その目的は早期リタイアすること。
つまり資産を築いて、自由な時間を買いたいわけだ。
問題はそれからどうするのか?

今は「自由に本が読めたり、好きなだけゴロゴロ出来れば十分」
と考えてるけど本当にそうなのか?
そのあたりのことを改めて考えようと思った。
その結果がゴロゴロしたいならそれでいい。
考えることに意味がある。

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?
(2013/04/26)
堀江貴文

商品詳細を見る


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。