FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知識と認識

ちょっと前に今の職場で初めて「投資をやっている」と話してみた。
相手は3月で退職する人(だからこそ話せたのだが)。
相手が想像しやすいようにと思って個別株の話をしたんだけど、
これがサッパリ通じない。
その時はなんで通じなかったのかわからなかったけど、
たぶん私と相手との知識と認識の差が大きな原因だと思う。

まず知識についてだけど、
私も投資に対する知識が深いわけではないが、
相手は投資なんて全くやったことがなく、
週刊誌などで記事を目にするくらいだそうだ。

なんでもそうだけど、知識がない人に対して
物事を説明するのは難しい。
相手に興味があり時間もあれば別だけど、
ただの雑談の中ではとても無理だった。

次に認識についてだけど、
私は投資を「資産形成の手段」として捉えていたけど、
相手は最後まで「ギャンブルの一種」として捉えていた。
これはどちらが正しいとかは問題ではなく、
共通の話題に対して双方が違う認識をしていたのが問題だった。
当然話は噛み合わない。

もしも私が「○○を買って××円儲けたor損した」みたいな話をしてたら
話は通じていたと思う(どう思われたかは別にして)。
後から振り返れば相手に知識がないことや、
投資をギャンブルとして捉えているヒントはあった。
こっちから投資の話題を振ったんだから、
それくらいは気づくべきだった。

ちなみに私が投資をやってることは、
他の社員にはバレていない。
上の人みたいに辞める人は例外として、
やっぱり黙ってるのが無難だよなぁ。

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

おかえりなさい

知識がない人には時間をかけて説明しないとわからないと思いますがそもそもき興味がない、悪いイメージがあるものを説明するのは至難の技だと思いますね。

No title

>クロスパールさん

そうなんですよね。そんなことは投資を広めたい人に任せれば良いわけで、
私なんかには無茶だったんですよね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。