FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイルハウス三万円で家をつくる

住宅というものは普通の人にとって人生最大の買い物である。
どのくらいお金が必要かというと、
35年もの超長期ローンを組まなければ買えないくらい。
これだけのお金を払って何かを手に入れるのは、
個人的には正気の沙汰とは思えない。
それでもこの正気の沙汰とは思えない行為をやっている人が今の時代、
それも私と同じか少し上の世代の人にもいるというのが驚きだ。

そもそも何で家の値段はこんなに高いのだろう?
そう思ったことは、誰しも一度は無いだろうか?
私が最初にハッキリとこの疑問を思ったのは
毎年寝太郎さんのBライフを読んでからだった。
そこには関東の山奥に安い土地を買って、
10万円で建てた素敵な小屋に住む著者の生活が書かれていた。
自分で建てたから家賃は無いし、小さすぎて固定資産税も掛からない。
こんな生活を見せられると、少なくとも
何千万円もする家を超長期ローンを組んで買うことは
バカらしい行為にしか見えなくなった。

Bライフでは関東の山奥という、ある意味限られた場所で
それが可能なことを示していた。では都会では?
例えば東京などの大都市でも可能なのか?
その疑問に答えたのが本書モバイルハウス三万円で家をつくるだった。
著者はタイトルが示すように三万円で車輪付きのモバイルハウスを建て、
東京の吉祥寺の駐車場(月々2万3千円)に住んでしまった。
法律やらなにやら問題がありそうだが、それらもクリアしている。
驚くことにBライフで示された生活は、
東京のような大都市でも可能だったのだ。

私は何でもそうだが、選択肢というのはある程度の数が存在し、
それらを認めるだけの度量が社会にはあって欲しいと考えている。
しかし少なくとも家に関しては選択肢が少なすぎるし、
今の社会にBライフやモバイルハウスを
受け入れるだけの度量があるとは思えない。

日本には1億人を超える人が住んでいて、
その人達全員の理想に叶う家が存在するとは思えない。
1億人いれば1億通りの理想の家が存在するはずだ。
10億円かけた豪邸に住みたい人もいるだろうし、
ホームレスのような生活がいいという人もいるだろう。
Bライフやモバイルハウスがこれらか普及していけば、
すべての人がそれぞれにとっての「理想の家」を
手に入れることが出来るのではないか?
出来れば私がリタイアするくらいまでには
そういった社会になって欲しいものだ。

モバイルハウス 三万円で家をつくる (集英社新書)モバイルハウス 三万円で家をつくる (集英社新書)
(2013/08/21)
坂口 恭平

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。