スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は50くらいまでしか働けない。

職場の今年60歳になる大先輩の言葉です。
コレはアレですね。
先人の教えに習って早期リタイアしろってことですかね。

冗談はさておき、その大先輩曰く
50歳を超えると体が動かなくなるらしい。
私は今年29歳になりますが、
すでに体の衰えは感じています…
コレで50歳とかになったら…

そんな状態で働くのは、働かなければいけないのは
どんな気持ちなのだろう?
私は体が動かない状態なのに働かなければいけないなんて嫌です。
そう考えるとやはり「早期リタイアしろ」という教えなのだろうか?

スポンサーサイト

沈黙に耐えられない人

沈黙に耐えられない人がいる。
今の職場に何人かいるんだけど、
正直言ってかなり迷惑です。

こっちはマジメに仕事をしていたり、
休憩中にゆっくりしたかったりするのですが、
この人たちのせいで台無しになる。
「お前ら黙ってられないのか?」
と言いたくなることも結構ある。

仕事の話ならまだいいけど、プライベートの
「そんなこと聞いてどうすんの?」
と言いたくなる話題まで振ってこられると対処に困る。

私は職場には働きに来ているわけで、
誰かと仲良くなるために来てるわけではない。
もちろん最低限のコミュニケーションは取るし、
他の人が誰かと仲良くなるのを否定する気はない。
ただ、私のことは放っておいてほしい。
何とかならないものか。

本来こうあるべきだよね

先日職場にて。

・午後から急に体調が悪くなる
→それでも仕事を続けていると先輩が「カゼヒコ君、体調悪い?」
→他の先輩も気づく
→先輩「今日はもう帰っていいよ。残りの時間有給ってことでいいから」
→他の先輩「後はやっとくからゆっくり休んで」
→早退することに

最近クソみたいな労働環境で叩かれてるところがあるけど、
労働環境って本来こうあるべきだよね。

ちなみに最近、今の職場で(自分で)設定していた3つ目の山を乗り越えました。
コレで少なくともある日突然クビになることはなさそうです。
今の職場給料は安いですが、環境面なら今までで1番いいかも。
(今までがクソ過ぎたってのもあるけど)
仕事は面倒だけど、コレなら続けられそうです。

異業種と同業他社

以前仕事が面倒だが嫌ではなくなってきたという記事を書いた。

仕事が嫌ではなくなった

この記事ではその理由を書かなかったけど、
それは理由が分からなかったから。
で、色々考えてみた結果、
「異業種と同業他社を経験したからなのでは?」
という仮説に辿りついた。

ここで少し私の職歴を紹介すると、
①2006年4月に最初の就職
②2013年4月に異業種に転職
③2014年1月に同業他社に転職(現在の職場)
となっています。
この2回の転職で私は、仕事に何を求めるかを
見つけれるようになったんだと思います。

仕事に対する不満は人それぞれですが、
不満を抱く原因に「他の仕事を知らない」というのもあると思います。
他の仕事がどんなものなのか分からない。
だから他の仕事に過剰な期待を持ったり、
今の仕事に過度な不満を持ったりするのではないでしょうか。

私は異業種と同業他社という2つの職場を経験することで、
自分が仕事になにを求めるか、そのために何を犠牲に出来るかを
見つけることが出来たのだと思う。
2回の転職で収入が減ったりしたけど、
変わりに得たものはそれ以上の価値があったと思う。

仕事が嫌ではなくなった

面倒だとは思っている。
以前は仕事を「嫌で面倒なもの」と思っていたけど、
今は「面倒なもの」としか思わなくなった。
この違いは結構大きくて、以前は一刻も早く
この惨状から脱出したいと焦っていたように思う。
たまに宝くじを買ったりしたのは、そういった理由だと思う。たぶん。

今は仕事は面倒だけど給料はもらえるから、
リタイアする資産が出来るまでは続けてもいいと思えてきた。
働くならこういった精神状態がベストなんじゃないだろうか?

それと最近は将来やりたいことが明確になってきた。
具体的には秘密だけど、
「○○歳で□□をするために△△円必要」
というのが見えてきた。
結局、働く理由が明確になってきたから嫌ではなくなってきたのだと思う。
面倒だから早く辞めたいのは変わりないけどね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。