スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定拠出年金運用状況(2014-09)

時価評価額 379,947円
掛金累計額 335,008円
評価損益 +44,939円
拠出開始来運用利回り 20.66%

商品別投資額

野村DC国内株式インデックスファンド…36,932円
野村DC外国株式インデックスファンド…305,543円
野村新興国株式インデックスファンド…37,472円

確定拠出年金では日本株:先進国株:新興国株を
10:80:10の割合で購入しています。
これは全世界株式の時価総額の大雑把な比率です。

月々の拠出額は個人型の上限である23,000円です。
確定拠出年金は税制上物凄く有利な制度なため、
例え早期リタイアを目指すとしても最大限活用すべきと考えています。

利用している金融機関は琉球銀行で、
低コストなインデックスファンドが購入できるため選択しました。
現在は野村証券で同様の商品をより安い口座維持手数料で買えますので、
これから始める方で上記のインデックスファンドを買いたい人は
野村證券で始めることをおススメします。

スポンサーサイト

確定拠出年金運用状況(2014-08)

時価評価額 347,683円
掛金累計額 312,564円
評価損益 +35,119円
運用利回り 18.55%

商品別投資額

野村DC国内株式インデックスファンド…33,619円
野村DC外国株式インデックスファンド…278,745円
野村新興国株式インデックスファンド…35,319円

確定拠出年金では日本株:先進国株:新興国株を
10:80:10の割合で購入しています。
これは全世界株式の時価総額の大雑把な比率です。

月々の拠出額は個人型の上限である23,000円です。
確定拠出年金は税制上物凄く有利な制度なため、
例え早期リタイアを目指すとしても最大限活用すべきと考えています。

利用している金融機関は琉球銀行で、
低コストなインデックスファンドが購入できるため選択しました。
現在は野村証券で同様の商品をより安い口座維持手数料で買えますので、
これから始める方で上記のインデックスファンドを買いたい人は
野村證券で始めることをおススメします。

確定拠出年金運用状況(2014-07)

時価評価額 318,576円
掛金累計額 290,120円
評価損益 +28,456円
運用利回り 17.45%

商品別投資額

野村DC国内株式インデックスファンド…30,955円
野村DC外国株式インデックスファンド…255,505円
野村新興国株式インデックスファンド…32,116円

確定拠出年金では日本株:先進国株:新興国株を
10:80:10の割合で購入しています。
これは全世界株式の時価総額の大雑把な比率です。

月々の拠出額は個人型の上限である23,000円です。
確定拠出年金は税制上物凄く有利な制度なため、
例え早期リタイアを目指すとしても最大限活用すべきと考えています。

利用している金融機関は琉球銀行で、
低コストなインデックスファンドが購入できるため選択しました。
現在は野村証券で同様の商品をより安い口座維持手数料で買えますので、
これから始める方で上記のインデックスファンドを買いたい人は
野村證券で始めることをおススメします。

確定拠出年金運用状況(2014-06)

時価評価額 294,908円
掛金累計額 267,676円
評価損益 +27,232円
運用利回り 19.69%

商品別投資額

野村DC国内株式インデックスファンド…28,677円
野村DC外国株式インデックスファンド…237,206円
野村新興国株式インデックスファンド…29,025円

確定拠出年金では日本株:先進国株:新興国株を
10:80:10の割合で購入しています。
これは全世界の時価総額の大雑把な比率です。

月々の拠出額は個人型の上限である23,000円です。
確定拠出年金は税制上物凄く有利な制度なため、
例え早期リタイアを目指すとしても最大限活用すべきと考えています。

利用している金融機関は琉球銀行で、
低コストなインデックスファンドが購入できるため選択しました。
現在は野村証券で同様の商品を琉球銀行より安い口座維持手数料で買えますので、
これから始める方で上記のインデックスファンドを買いたい人は
野村證券で始めることをおススメします。

確定拠出年金、その後

以前、転職時の確定拠出年金の手続きが
遅れたせいで損をしたという記事を書きました。

だらだらしてたら損しちゃった

今回はそれの続編というか、実際どうなったかの記事です。
結論から書くとペナルティは無く、損しませんでした。

元々どういう損をしそうになったかというと、
転職先が決まって国民年金の1号から2号へ変わったけど、
その手続きが遅れたから、その間拠出された分は
返金(手数料はこっちもち)されるかもしれないというもの。
ところがどういう訳か返金されず、結果ペナルテも無かった。

詳しいことを問い合わせるのは面倒だし、
毎月の拠出が続いてるのならいいだろう。
たぶんだけど退職→無職→再就職の期間が短かったから
ペナルティが無かったのでは?と勝手に納得している。

というわけで、確定拠出年金をやっていて転職や
早期リタイアを控えている人は手続きを早めになることをお勧めします。

テーマ : 投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。