スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期リタイアの目処は?(2014年29歳)

早期リタイアの時期や目標資産額、そのための投資方法
についての現在の考えをまとめようと思います。
ちなみに前回この記事を書いたのは丁度1年前。

早期リタイアの目処は?(2013年28歳)

この1年で投資スタイルなど変わったところもあるので、
その辺を中心に書きたいと思います。

①リタイア時期

45歳での完全リタイアを目指します。
正確には働き出してから25年。つまり
2031年の3月いっぱいで仕事を辞めます。

②目標資産額

目標資産額は4000万円とします。
以前は3000万円で十分かな?と思っていたのですが、
現在は自分がリタイアするならこのくらいあったほうがいいと考えています。
その理由は今年の1月、私が無職だった頃にあります。
当時の記事がコチラ

無職のプレッシャー

コレがきっかけで「目標額はもう少し余裕を持ったほうがいいのでは?」
と考えるようになりました。
そのため目標額を4000万円にしましたが、
あくまで現状の目標額です。

③投資スタイル

投資スタイルは全世界株式と高配当株。
これに+αとしていくつかの資産を組み入れています。
資産配分は全世界株式+α:高配当株が半々くらいでOKとしています。
投資資金は毎月給料から5.3万円。コレに年2回ボーナスからひねり出します。
(ちなみにこの投資スタイルになったきっかけも無職だった頃にあります)

以上をまとめると現在の早期リタイアの目標は

「全世界株式+高配当株を買い続け、45歳までに4000万円貯めてリタイアする」

となります。
不確定要素を探したらキリがない穴だらけの計画ですが、
遥か未来のことを正確に予想するなんて出来ません。
現状で考えられる、自分がベストだと思う選択を取り続ければ
悪いことにはならないと考えています。

スポンサーサイト

45歳を定年とします

自分の中で勝手に定年を45歳に設定する。
普通の人が60歳で定年になって
「定年になったけどお金の心配があるからもう少し働くか」
ってなったり、あるいは
「60で定年だけど余裕があるから少し早く辞めるか」
みたいな感じに、45歳を基準にする。
早期リタイアを目指すとは、即ちこういう事です。

元々私は45歳でセミリタイアを目標にしているけど、
この表現の方がしっくりくる。
45歳で完全リタイアできそうならするし、
もう少し働く必要があったら働く。
どっちにしろ45歳で普通に働くことを辞めるつもりです。

新しい職場になって5ヶ月経つけど、
相変わらず働くことは苦痛でしかありません。
別に嫌な職場じゃない(今までで1番いいかもしれない)けど、
働くこと自体が苦痛なんだから仕方がない。
早くこの苦痛から開放されたいものだ。

早期リタイアの敵と対処法

皆さんこんにちは、カゼヒコです。

私は早期リタイアを目指していますが、
これには大きな敵が存在します。
それは、インフレと寿命です。

続きを読む »

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

無職のプレッシャー

皆さんこんにちは、カゼヒコです。

寒いとPCの動きが悪くなるのはなんでだろう?

さて、正月明けから無職となり就職活動中の私ですが、
現在無職というプレッシャーに晒されています。
「そんなこと分かっていたことだろ?」
と思うかもしれませんが、私の想像以上だったんです。

続きを読む »

テーマ : お仕事 - ジャンル : 就職・お仕事

不安から逃れる方法

皆さんこんにちは、カゼヒコです。

休日に6時半くらいに起きてしまうとテンション下がります。

さて、私は4月にそれまでの仕事と全く別の業種で働き出しましたが、
「明日の仕事、どうしよう」という不安がなくなることはありません。
仕事自体楽しいとは思わないし、たぶんこれは一生変わらないと思います。
そして私はこの不安から逃れる術を2つしか知りません。
不安のない仕事を見つけるか、働くこと自体を辞めるか。

続きを読む »

テーマ : つぶやき - ジャンル : 株式・投資・マネー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。